SUMICALMお役立ちメニュー

有料老人ホーム見学の事前準備とチェックポイント

有料老人ホーム見学の事前準備とチェックポイント

希望条件に合うところが見つかったら、先ずはホームへ連絡をして、見学や体験入居の予約をとりましょう。
やはり、実際に訪れてみないとわかり得ないポイントがいくつもあります。
長く暮らす場所だからこそ、ご自身やご家族の目で見て確認することがとても大切です。

ここでは、見学や体験入居時のチェックしておきたいポイントや、事前準備としてリストアップしておきたい事柄などを簡単にご説明します。

また、便利な「有料老人ホーム 見学事前準備リスト」、「有料老人ホーム 見学チェックリスト」もご用意しています。

ダウンロードして、見学の際に是非お役立てください。

事前準備について

見学の予約がとれたら、次に入居を検討されている方の希望エリアや、健康状態、医療依存度、予算、身元保証人の有無など、見学時に必要な情報を書き出しておきましょう。その他、気になっている事、確認しておきたい事など、当日質問したい内容もメモしておくと、聞きそびれて帰ってきてしまった…というようなことを防ぐことができます。

書き出しに便利な「有料老人ホーム 見学事前準備リスト」をご用意しました。ダウンロードしてご活用ください。

ダウンロードはこちらから

有料老人ホーム 見学事前準備リスト(PDF 43.2KB)
見学時のチェックポイント

1)立地環境

有料老人ホームには、介護付、住宅型、健康型とありますが、どれも高齢者が安心して暮らすための"住まい"です。

立地環境の良し悪しは住まい選びの上で重要なポイントです。

ご家族が来るときなどに交通の便が良いか、また、入居される方が散歩や買い物などしやすい環境か、医療機関などが近くにあるかなど、入居される方の状況に合った視点でチェックしてみましょう。可能な限り、周辺を散策してみると良いでしょう。

2)ホーム・職員・入居者の雰囲気

先ず、エントランスに入った時の雰囲気をチェックしてみましょう。

エントランスはそのホームの顔です。明るく入りやすい雰囲気か、整理整頓されているかなどを見ることで、入居者やそのご家族への気遣いのあるホームなのかなどを感じ取れるでしょう。

また、入居者と職員とのコミュニケーションがとれているか、表情や行動、会話している姿を見たり、実際に話したりして雰囲気を感じ取ってください。

特に、入居者や職員の笑顔が多いか、明るい雰囲気か、職員のみだしなみはどうかなどにも注意して見てみましょう。

3)設備・衛生面

設備については、可能な限り実際に利用するなどして確かめてみるのもおすすめです。

共用部分については

  • エレベーターの台数、居室の間取りや通路の広さ
  • 手すりなどの補助設備が充実しているか
  • 通路の幅は車いすに十分対応しているかなど

居室については

  • 早朝夜間の騒音など気になる音はないか
  • 陽当りは良好か
  • トイレの手すりや水回り設備は十分か
  • 収納は確保されているかなど

入居を検討されている方の条件を考慮して確認しましょう。

また、施設の衛生面も重要なチェックポイントです。

浴室、トイレなどの水回りや、共用部に物が置かれていないかなど確認しておきましょう。

4)入居費用

入居にかかる費用については、気になる点など十分に確認しましょう。積極的に質問してみてください。

契約方式はホームによって異なりますし、また、要介護度によって介護保険の自己負担額も変わります。費用の詳細についてはカタログなどには掲載されていない場合もありますので、見学に行った際には必ず十分な時間を取って確認するようにしましょう。

5)介護サービス・食事

入居される方に合った介護サービスや食事が提供されるかは、是非とも知りたいところです。より入居時に近い状態で確認するため、可能なかぎり体験入所などを利用してみると良いでしょう。体験入所には費用もかかりますし、受入側の準備も必要です。必ず事前に問い合わせをして予約を入れてください。

見学時のメモに便利な「有料老人ホーム 見学チェックリスト」をご用意しています。。ダウンロードしてご活用ください。

ダウンロードはこちらから

有料老人ホーム 見学チェックリスト(PDF 94.2KB)