特集

食事を楽しくする機能性スプーン「LIFTWARE(リフトウエア)」

公開日:2016/12/01

「もう一度、食べることを楽しもう」

いくつになっても食べる楽しみは持ち続けたいものです。

食事をする機会は1日に3回、1年にすると1,095回も食事と接することになります。毎日の食事を楽しむことは気持ちを活性化し未病の予防にもつながるはずです。

自分の手で食べ続けられる喜び。原因不明の手の震え(本態性振戦)やパーキンソン病、脳梗塞などによる手の震えに悩んでいる人にとっては取り戻したい大切な喜びです。

そんな方たちへの強い味方!手のふるえを軽減し、食事を楽しくする機能性スプーン「LIFTWARE(リフトウエア)」を販売しているフランスベッド株式会社に、商品の性能、ご利用者様の声、未病について聞いてみました。

LIFTWAREってどんなスプーン?

簡単に言うと、握ることで手の震えをスプーンのグリップ部分が吸収することで震えを軽減してくれ、ついては食べ物をこぼす心配を軽減してくれるスプーンです。

LIFTWAREの振動安定ハンドルには、手の動きを検知するセンサーと意図する手の動きと不要な震えを区別する小型コンピュータが搭載されています。高度なセンサー、モーター、搭載コンピュータが震えを検出して制御します。(フランスベッド株式会社HPより一部抜粋)

筆者の手は小さいため、少しグリップ部分が太く感じましたが手のひらに収めるような持ち方で握ると本体から伝わる微振動がより手の震えを軽減してくれるように感じました。食べている途中、LIFTWAREを下向きに伏せておくと一時的にスリープ状態になるのでこれならゆっくり食事をとったとしても電源の心配なく安心して使えます!

SUMICALMも実際に使ってみました!

まず、専用スプーンをハンドルに取り付けると自動的に電源が入ります。あとはスプーンを握るだけ。すると、グリップ部分から発せられる微振動が手の中に伝わってきます。振戦は、縦揺れ症状、横揺れ症状両方ありますがそのいずれの震えもLIFTWAREを使うことで震えが軽減されているようで、すくった小豆をこぼしにくく口元まで運ぶことができました。

筆者の手は小さいため、少しグリップ部分が太く感じましたが手のひらに収めるような持ち方で握ると本体から伝わる微振動がより手の震えを軽減してくれるように感じました。

食べている途中、LIFTWAREを下向きに伏せておくと一時的にスリープ状態になるのでこれならゆっくり食事をとったとしても電源の心配なく安心して使えます。

LIFTWAREの電源は?

LIFTWAREは充電式です。付属の充電器により携帯電話を充電するようなイメージで専用フォルダーに立てて置くことで充電できます。フル充電には最大で3時間かかります。使用時間にもよりますが、3回~6回の食事をとることができます。

LIFTWAREは誰が開発したのでしょうか?

LIFTWAREの開発者は、Anupam Pathak医学博士でアメリカの商品です。

日本ではフランスベッド株式会社が販売を行っています。

LIFTWAREを購入するにはどうしたらいいのでしょうか?

日本ではフランスベッド株式会社が販売を行っており、個人の方はAmazonかフランスベッドの購入サイト「介護宅配便」で購入可能です。またLIFWAREは医療や介護の現場でも活用されており法人の方はフランスベッド株式会社より購入が可能です。

LIFTWAREのご利用者様の声を教えて下さい!

交通事故により右半身が不自由になった男性の声
「食事の際は左手で食べますが、手の震えが激しく、いつも右手を車いすに固定し、左手で曲がったスプーンを使っていました。普通のスプーンだとほとんどこぼしてしまうけど、これなら右手を固定しなくても何とか口まで運べます。でも、もうちょっとスプーンが深いほうがいいかな。」とのことで、LIFTWAREをご利用することで、振れ幅がかなり減衰されあまりこぼさずに口元まで運べるようになったようです。
四肢に軽度の痙性麻痺のある女性の声
家ではお箸を使うなど震えは軽度だが、外出先いではこぼしてはいけないという緊張感から普通のスプーンでもうまくいかないときがあります。「人前だとこぼしたら恥ずかしいという思いが働いて家でできることもできなくなるんですが、これならほとんどこぼさずに口に運べます!」
高齢による手の震えに悩んでいる女性の声
「食事に1時間くらいかかっていたけれど、これを使うことで大分早くなりました」
手の震えに悩んでいる親戚にプレゼントした方からの投稿
「なかなかなれないようで1か月たってもうまく使えないと笑っていましたが、たしかにひどい震えは軽減されるらしく、とてもありがたがって毎日使ってくれているようです。」

LIFTWAREを使ったからといって、手の震えが完全に吸収されるわけではありません。LIFTWAREは手の震えを打ち消す動きをします。LIFTWAREを上手に使用するには使い続けて使い慣れることが大切です。

「生活リハビリとして利用してみてください。LIFTWAREを利用しながら食べる楽しみを取り戻すトレーニング!1~2回使って、使いこなせないといってあきらめないでくださいね。根気強く使い続けることできっと、コツをつかみ、LIFTWAREを上手に使えるようになると思います。」

フランスベッド広報担当の梅本さんからのメッセージです。


フランスベッド株式会社の考える「未病」の予防とは、「提供するリハテック商品や福祉用具はその方の役に立ってこそ!」だそうです。役に立つことで、そこには便利さや快適さの体感からもたらされる嬉しさといった気持ちの変化が生まれる。

自分でできることを手助けする製品や用具が、未病を防いでくれる。まさにこれが、フランスベッド株式会社がわれわれに提供している「未病」の予防だとSUMICALMは思いました。

みなさまにとって、振戦を軽減するという「魔法のスプーン」であるLIFTWAREは、家族や自分の身の回りの人をつなぐことで生まれる「笑顔をよぶスプーン」になることを期待しています。

SUMICALM編集後記

LIFTWAREはインターネットで簡単に購入できるため、最近はミニマルなデザインが若い人の目にも多くとまり、離れてくらす高齢になるご家族へのプレゼントとしてよく選ばれるようです。

ただ、ご高齢の方からするとLIFTWAREを見ても充電の仕方、握り方、使い勝手が説明書だけでではわかりづらい!せっかくの子供たちからのプレゼントもそのままお蔵入り、といったことにならないために、プレゼントをする際は「郵送ではなく、是非ご家族へ直接プレゼントを持って行き、使い方を説明し、使って見せて、そして一緒に試してください!」とのこと。最後になんとも素敵な一言をフランスベッド株式会社より頂戴しました。

神奈川県有料老人ホーム検索

神奈川県内の介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームを検索できます

あわせて読みたい

もっと見る →

IDEALIBRARY

アイデア ライブラリー

介護に関するアイデア集